廣東飯店=広東料理

職人

私共「廣東飯店」は、横浜中華街に昭和36年創業致しました。
創業以来から広東料理を中心とした本場の中華料理を多くの皆様にお届けして参りました。
「食在廣東」=食は広東にありと、古くから中国では云われてきましたが、その名の通り、広東料理は今や中華料理の代名詞となっています。 広東料理の本場である香港から、30年以上の経験があるシェフを招聘し、選び抜かれた素材を料理人達がそれぞれ磨いてきた技術と最良の調理で振る舞います。
本物の味を「昭和36年創業以来」追求してきた結果、お陰さまで国内のみならず、中国、香港、台湾などの海外からも大勢のリピーターが訪れる店になりました。

廣東飯店職人

横浜中華街

広東料理

広東料理と呼ばれるものは、広東省内の各地の名物料理の集大成であり、
広州で他の地方の料理とも融合し、改良を加えながら広州の料理が形成されたものです。
「廣東飯店」では常に新しい広東料理をご提供できるよう広東料理特有の調味料や
素材を使ってご提供させていただきます。

廣東飯店職人の技写真
フッターナビ